全身脱毛のメリットはいろいろ

 

 

全身脱毛を考える際に、「はたして必要か」というのは二段階に分けて考えるといいでしょう。

 

「脱毛することのメリット」と「その脱毛も一部ではなく全身にするメリット」です。

 

まず、「脱毛することのメリット」です。

 

カミソリは一見お手軽ですよね。でも、実はカミソリで処理されているのはムダ毛だけではありません。お皮膚の表面にある角質層も削りとっています。

 

この角質層は皮膚のバリア役をしています。これが傷んでしまうのですから、ちょっとした刺激でも皮膚が荒れるようになってしまうでしょう。

 

毛抜きも別の形で皮膚にダメージを与えています。毛穴が傷んでしまうのです。ひどい場合は、埋没毛になってしまうでしょう。また、見た目にも毛穴のポツポツが目立ってしまうようなこともしばしばおきます。

 

カミソリにしろ毛抜きにしろ、何より大変なのは、1回トラブルなく、きれいに処理したところで、数日たつとまた、おなじことをくりかえさないといけないことです。

 

これがいったん脱毛処理してしまえば、その後はずっとカミソリをあてたり、毛抜きで引っこ抜く必要はなくなるわけです。トラブルからも手間からも解放されます。

 

で、これを全身にすることのメリットです。ムダ毛が生えているのは両ワキとかヒザ下のような限られた場所だけではないでしょう。

 

全身にやっておかないと、本当にトラブルや手間から解放されたことにはなりません。

 

また、「あまり目立つところじゃないから」と油断している部位ほど、お手入れも放置されています。いざという時に、恥ずかしい思いをするのは、こういった部位のほうが多いのではないでしょうか。